引越しに必要な費用を軽減|快適な環境で安心して暮らそう|設備の整った賃貸を借りる

快適な環境で安心して暮らそう|設備の整った賃貸を借りる

見取り図

引越しに必要な費用を軽減

インテリア

家主だけが手数料を負担

不動産業者の紹介で賃貸住宅に入居するときは、敷金や礼金のほかに仲介手数料を要求されるのが一般的です。仲介手数料の上限は家賃の1か月分とされていますが、これらの費用に引越し代金も加えると、相当まとまった金額が必要になります。そこで少しでも費用を節約したい方には、仲介手数料無料の物件が人気です。家主と入居者の間に不動産業者が1社だけ介在するとき、仲介手数料は家主と入居者で折半する決まりになっていますが、従来は両方から家賃の1か月分を徴収するケースも珍しくありませんでした。仲介手数料無料の物件は、家主だけから手数料を取ることで、入居者の負担を軽くしています。これによって空室リスクが下がることから、家主にもメリットがあると言えます。

物件選びの注意点

仲介手数料の下限は特に定められていないため、引き下げるのは業者の自由です。インターネットによる物件選びが増加し、不動産業者の経費削減が進んでいることも、仲介手数料無料を可能にした理由のひとつです。また近年では仲介業者を通さず、家主と入居者が直接交渉できるサイトも登場しています。この場合は当然、仲介手数料無料となります。消費者の目も厳しくなっているため、今後も仲介手数料無料の物件は増えていくと予想されます。ただし仲介手数料無料だけにこだわると、本当に優良な物件を見逃してしまう可能性もあります。賃貸住宅を選ぶときは立地条件や間取りはもちろん、家賃や共益費を含めたトータル費用で考えることが大切です。